プレミアムiPhoneケース for 7/7Plus「ブライドルシリーズ」について その3

シェアする

前回はこちら

引き続きUNDERCOOLED(アンダークールド)プレミアムiPhoneケース for 7/7Plus「ブライドルシリーズ」についてです。

今回はブライドルレザーのメンテナンスについてお話しします。

まず新品当初に付いている革表面のブルーム(蝋分)は自然にお使いただく中で落ちていきますが、ブライドルレザーは革繊維と色素との結着が弱い為、色移りや色落ちがしやすいレザーです。衣類との強い摩擦が生じますと色移りの可能性がございます。

衣類などへの移染が気になられる方はご使用前に落とされることをお勧めいたします。

落とし方はまず馬毛などのブラシで全体を円を描くようにしっかりお磨きいただきます。

ある程度落ちましたら、仕上げにネル素材などの柔らかい布でよくお磨きいただきます。革表面の白い粉や強い油分が取れ、透明感のある表情となりましたら作業は終了です。

乾燥について

ブライドルレザーは特性として硬い仕上がりになる為、他の革に比べて革表面が割れやすいという傾向にあります。表面のロウ分が落ちて以降、カサつきが気になることがございましたら早めに無色のクリームをごく少量柔らかい布に取り、クリームを布に良く馴染ませ、製品に円を描くように塗布してください。その後、柔らかい布で乾拭きを行ってください。(※多量の油分はオイル染みやコシの抜け等、革の風合いを損ねる原因となりますので、過度な塗布は十分ご注意下さい)

アンダークールドでは推奨ケア用品としてとしてコロニルの「1909シュプリームデラックス」の無色 (無色の靴用保革クリームでも代用可能です。なるべくロウ分の多いクリームをお選びください)をお勧めいたします。

[コロニル] Collonil 1909 シュプリームクリームデラックス SI0021 (カラーレス)

水濡れについて

革は多量の水分を嫌います。多量の水分はカビの原因となり、放っておくとカビが革繊維の内側に根を張り、完全に取り除くことが難しくなります。もし濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭き取り、陰干しをしてください。(※ドライヤーや日光に当てるなどの急速乾燥は、革の風合いを損ねる原因となりますので、くれぐれも行わないようお願い致します。)

汗について

汗に含まれるアンモニアは艶を消し、状況によっては表面に「ブク」と呼ばれる水膨れを作る可能性があります。ブクは修復することが出来ませんので、夏場に長時間ズボンのポケットに入れてのご使用はなるべくお避けください。ご使用中、多量の汗の染み込みを感じられましたら、固く絞った布で水拭きし、その後柔らかい布で乾拭きしてください。乾拭きを終えてもカサつきや曇りを感じましたら、製品が完全に乾いた後でクリームを全体に薄く塗布し、柔らかい布やレザーグローブ等で力を入れず乾拭きをしてください。

防水スプレーの使用について

防水スプレーはコロニル「ウォーターストップスプレー」をお勧めいたします。使用する場合はブルームが完全に取れてからにしてください。

まず、革製品のほこりなどの汚れを柔らかい布で拭いて落としておきます。その後、ボトルをよく振ってから2030センチ離してスプレーします。革表面が乾いてきたら乾いた布でサッと拭き取ります。

[コロニル] Collonil 防水スプレー ウォーターストップ 400ml

以上です。