浅草の革問屋を巡る

シェアする

5月になり、世間はすっかりゴールデンウィークモードですね。

私は、自営業者なので世間のカレンダーというものはあまり関係なく、ゴールデンウィークも普通に仕事です。

私は仕事でも、関係会社様が明日以降に一気に連休に入ってしまうため、今日はその前にやらなければいけないことを済ませてしまう為に浅草に行ってきました。

まずは、Makuakeの支援者様にお届けするリターンを急ピッチで作らねばなりません。

革の裁断屋さんと打ち合わせ後に、革問屋さんへ。イタリアから入荷したウンゲレーゼを買いにいきました。

    IMG_8714

革の傷や色ブレのチェックをしっかり行います。栃木から、このチェック作業の為だけに浅草に出てくることもあります。これだけの為に移動というのもなかなか大変ですが、革が主役であるプレミアムiPhoneケースの品質を決める重要な部分なので手は抜けません。

その後、お世話になっているメーカーさんの紹介で新しい革問屋さんを訪問してきました。

こちらの問屋さんは多くのインポート革を揃えています。

IMG_8935

知る人ぞ知る、ホーウィン社のクロームエクセルやシェルコードバンもありました。

シェルコードバンは革好きの人にとっては憧れの革ですよね。

これ一枚で約3万円程度するそうです。

IMG_8938

さすがは世界最高峰のコードバンですね。

高い革ですが、オイルをしっかり含んでおり、経年変化を楽しめるホーウィン社のシェルコードバンはやはり世界的に見ても素晴らしい銘革であります。

そして、今回のショールーム見学の一番の目的はこちら。

IMG_8947

IMG_8944

イタリアのブリターニャ社が作るアリゾナという革です。

イタリアの革なのに「アリゾナ」なんですね。イタリアの革はアメリカの地名が付いているものがいくつかありますが、その中の一つです。

牛脂と魚油を配合したオイル分を含ませたショルダーヌメ革で最近は日本でも人気のイタリア革ですね。

表面には美しい天然シボが出ています。

IMG_8949同じイタリアンレザーのウンゲレーゼと比べると、よりカジュアルな印象です。

こちらは戴いたカラーサンプルなのですが、イタリアの革らしくカラーバリエーションも多く、各色とても綺麗に色が出ています。タンニンなめし染料仕上げの革ではかなり珍しいホワイトも用意されていますね。どんなエイジングをするのか非常に気になります。

FullSizeRender

革を見ながらその革が製品になった時の事を想像し、さらにそれを使うお客様の姿を想像します。プレミアムiPhoneケースを使って、喜んで頂く姿を想像するとやる気がみなぎります。本当に幸せな仕事をさせて頂いてますね。

その後も刃型についてご相談しに刃型屋さんを訪ねに浅草の街を歩きました。

IMG_8950

雷門の周りは観光の人達がすごかったです。皆さん楽しそうで羨ましい!私も旅行に行きたいです。

一日浅草を歩き回ったのですが、数日前からの風邪が悪化して、さらに喉が痛く悪化してしまったようです。

明日は一日しっかり寝て本気で治したいと思います。

気温の変化が激しいので皆様もお体に気を付けて連休を楽しんでください。

それでは。