「良い物」って何?

シェアする

ブログ更新が滞っており申し訳ございません。

皆様、4月をいかがお過ごしでしょうか。

気付けば桜の季節も終わりにさしかかりすっかり暖かくなってきましたね。

私は今年はお花見にもいかず、仕事をしておりました。

来年はお花見に行けるといいのですが。


さて、本日は「良い物とは何か?」というお話をしたいと思います。

消費者が「良い物が欲しい」と言ったり、ビジネスの世界で「良い物は売れる」って言ったりしますが「良い物」ってどんなものでしょうか?

私は正直アンダークールドを立ち上げるまでちゃんと考えたことがありませんでした。

なんとなくぼんやりイメージは湧くのですが説明するとなると難しいですよね。

アンダークールドの製品に当てはめると、インポートレザーを使っているから良い物?日本製だから良い物?

うーん、なんだか違う気がします。

それはあくまで手段でしかありません。もっと明確な目的となる「何か」があるはずです。


私もこれまで消費者として様々な物を買って使ってきました。その中でやはり、愛着を持って使った物は「ただ便利」「ただコストパフォーマンスがいい」以上のもの価値をもたらしてくれていたように思います。

ここに「良い物」のヒントが隠れているかもしれません。


例えば、まずはアップルの製品ですね。

私はアップルの製品が大好きです。iPhoneMacは「シンプルは美しい」ということを教えてくれました。そして、インターネットに常時接続できる世界がこんなにも楽しいことを教えてくれたのもiPhoneの素晴らしさです。今ではアップル好きが講じてiPhoneケースを作るようにもなりましたしね。


そして、ナイキのシューズです。

私は普段自宅で仕事をするため運動不足解消のためにランニングを日課にしているのですが、ナイキのランニングシューズが一番走っていてモチベーションが上がります。

私の足の形に合っているというのもありますが、ナイキ独自のカラーセンスやデザインは履くと少しだけアスリートに近付けた気がしてそれだけで少しやる気になるのです。ランニングが面倒だなと思う日も多々ありますが、ナイキのシューズがランニングを継続する手助けになっています。


最後に、レッドブルのエナジードリンクもお気に入りです。

レッドブルのエナジードリンクを飲むと疲れていてもその後の数時間頑張れる気がするのです。今では様々なエナジードリンクが発売されていますが手にとってしまうのはだいたいレッドブルです。気のせいかもしれませんが、レッドブルが一番「あと、もう一踏ん張り!」という気分になります。

これらの製品は「物」以上の価値をお客様に提供していると思います。それらを持ったり使うことでワクワクしたり感動することができます。言い換えれば人々の生活に変化を与えてくれたり、それを助けてくれる製品ですね。こういった製品が私は好きなのだと思います。

どうやら私自身はこう言った製品を「良い物」だと考えているようですね。


【まとめ】

良い物=【それを持つことで、その人自身の価値観や行動を向上させてくれる物】


ということで、アンダークールドが提供する製品に明確な基準を設けたいと思います。

アンダークールドはこれを目指した物作りをしていこうと思います。


Makuakeの期間がもうすぐ終了です。

4月28日までなので、ご支援いただけると幸いです。

↓↓↓↓

https://www.makuake.com/project/undercooled/